太陽光発電|愛知県稲沢市周辺で手壊し解体・オール電化工事をお探しならUENO ALCへ!

太陽光発電

「地域最低価格」今太陽光発電が注目されています。

太陽光発電とは、太陽発電モジュールを屋根などに設置し、電気を自給自足する仕組みのことをいいます。 環境にも優しく、また電気代の節約にもつながるということで、今急速に需要が高まっています。

太陽光発電とは

  • 1.太陽の光から電気をつくる
    太陽光発電は屋根に設置した太陽電池モジュールで、太陽の光を採光し、発電します。
  • 2.送電しご家庭の電気機器へ
    発電した電力は、ご家庭で使用する電力に使われ電気代カットやCO2削減につながります。
  • 3.余った電力は買い取ってもらえる
    ご家庭での使用電力を上回った余った電力は、電力会社へ売却(売電)することができます。また設備があればある程度の蓄電も可能で停電時なども安心です。

※太陽光発電システムにより発電された電力のうち、使用せず余った電力は48円/kwhで10年間電力会社に売却することが出来ます。
【固定価格買い取り制度(FiT)H21.11.01より】

太陽光発電が注目されている理由The reason of interest

1太陽光発電の電力を29.16円/kW(税込)で20年間固定買取(経済メリット)

平成24年7月、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」がスタートしました。
これは、再生可能エネルギーの普及促進のため、太陽光発電などの電力を、電力会社に一定期間・固定価格で買い取ることを義務付けたものです。
当制度によって、発電量全量を売電することが可能となり、売電収入による経済メリットが大きくなりました。
買取価格・期間は、原則年度ごとに見直されますが、制度導入初年度にあたる今年度は、導入メリットのある価格設定がなされています。

■太陽光発電による買取価格・期間(平成25年4月~平成26年3月受給契約申込分)

発電規模買取価格(税込)買取期間買取種別
10kW未満 家庭用33円/kWh(自家発電装置を併設する場合は34円/kWh)10年余剰買取
10kW以上 産業用29.16円/kWh20年全量買取

※10kW以上の設置については、余剰買取も可。10kW未満の設置については、余剰買取に限る。

初年度契約(平成24年)買取価格42円/kWhが平成25年契約では37.8円/kWhに下がりました。
以降買取価格が下がるか、打ち止めになる可能性があるので、つけるなら今です!

2税負担の軽減

グリーン投資減税

対象設備税制優遇の内容対象者取得期限
固定価格買取制度の
設備認定を受けた
10kW以上のシステム
基準取得額の7%の税額控除
又は、
普通償却に加え、取得額の30%を限度とする特別償却
青色申告をしている中小企業者平成28年3月31日
青色申告をしている法人・個人

※各種用件がありますので、詳細な計算等に関しては、顧問税理士または税務署にご相談下さい。
制度の詳細:資源エネルギー庁 http://www.enecho.meti.go.jp/category/others/green_tax/greensite/green/
この他、固定資産税の軽減を受けることもできます。

この他、固定資産税の軽減を受けることもできます。

3停電時の非常用電源に

自立運転機能付きのパワーコンディショナの場合は、非常用電源として活用出来ます。


産業用

自社 H27年8月完成

設置費用の目安は通常の屋根(折板等)kW単価×25万円~
※架台や施工法によって単価が変動します。

家庭用

自宅

太陽光発電シミュレーション 実際どのくらいお得なの?

設置費用の目安は通常の屋根(折板等)kW単価×33万円~39万円
※架台や施工法によって単価が変動します。

page top